ブログ

DHA、EPA、DPA | オメガ3、血液サラサラ | ギフト、贈り物、鯨肉通販、くじら通販 | メタボ | 鯨、ミンク鯨、ベーコン | あきる野市 くじら | らじっく

  • 2021.03.19

    前回の頭肉(若肉)に続いて、同じく南氷洋物のミンク鯨の自家製ベーコン、在庫がなくなり
    しばらく販売停止しておりましたが、
    少しだけですが入荷があったので販売を再開しました!
    ミンクくじらのベーコンはとても柔らかく、しっとりジューシーな味わいです。
    しかも、オキアミをメインで食べている南氷洋のクロミンクは
    近海の魚を主に食べているミンクと比べても、脂もクセなく
    とても上品な味わいです。
    一般的に販売されているナガスやニタリのベーコンとは
    食べたらびっくりまるで別物です。

     商品ページはこちらです☚

    鯨ベーコンの原料である畝須(うねす)という部位は、
    鯨の絵を描くときに顎下に線を描きますが、まさにそこのところで、
    くじらが餌を食べるときに口を大きく開けるため、
    アコーディオンのように延び縮みするようになっています。

    ザトウクジラの餌を食べるときの画像ですが、
    畝須部分が広がって
    身体がボールのように丸くなるほど膨らんでいるのが分かると思います

    画像のように上の白い脂の部分と、肉の部分を両方併せた部位で、
    くじらの脂と肉のいいところを一度に摂れる部位です。
    何度か触れてはいますが、
    鯨の脂は青魚と同じくDHAやEPAなどのオメガ3
    できていて、血液サラサラ効果、コレステロールの抑制効果があると
    言われ、メタボ対策にも有効なとても健康維持にも優れた脂質です。
    さらに、くじらならではのDPAという脂質も含まれていて、
    これはEPAの10倍の効果があると言われています。
    肉には疲労回復成分バレニンやタウリンも含まれています。

    そんなくじらのいいとこ取りな畝須。
    くじらならではの部位とも言えるので、まだ召し上がったことの無い方も
    ぜひ一度試していただきたいものです。

     商業捕鯨に切り替わって行かなくなった南氷洋(南極海)のミンク、
    今後、商業捕鯨時の在庫が無くなり次第、食べることが出来なくなってしまいます。
    無くなってしまうのはさみしいですが、
    商業捕鯨再開の代償でもあるので、いたしかたない・・・。
    ぜひ、また南氷洋の捕鯨を再開してほしいものです。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
らじっく

くじら肉のお店 らじっく

あきる野市のらじっくです!高タンパク、低カロリー、高鉄分に加え疲労回復効果まで備えるくじら肉を身近に感じていただきたい!そんな想いでお弁当の販売やくじら肉の卸売を行っています。店頭では100gからくじら肉の販売もしておりますので、お気軽にお試しください♪

よく読まれる記事

Chinese (Simplified)EnglishJapanese