ブログ

あきる野市 くじら | らじっく

  • 2019.02.01

    ロンボク海峡過ぎてからですが、いよいよ、南氷洋に向けてとなります。

    気温も出航時の涼しいところから、赤道に近づき暑くなり、そしてまた寒くなっていくという、
    恐らく陸では味わえない、2週間のうちに冬と夏を迎えるという、貴重な?体験が出来ます。

    それはそれとして、赤道を越えて南氷洋に向けてとなりますが、ここで一つの関門が出てきます。

    それは暴風圏といわれるもので、南緯35~45位のいつも荒れているエリアです。
    天空の城ラピュタで言うところの竜の巣のようなイメージです。私の勝手にですが、あの宮崎監督も
    ここからイメージしたのかなと思っていますが、南氷洋に行くまでに避けて通れない、大荒れの地域です。

    ここを抜けると穏やかな南氷洋が待っています。(夏なので)

    なんせ揺れが凄いので、ここの通過時には色々起きます。基本、部屋の中はシッチャカメッチャカになります。
    テレビが倒れたりお皿が落ちたり、ひどいときは、ポルトといって船でよく見る円い窓が波の勢いで枠ごと取れて、部屋が水浸しになる、なんてこともあったりします。建物で言うと4階の位置にある部屋でも安心できません。
    ポルトを開けていたら、そこまで波が上がってきて、部屋が水浸しなんてこともありました。

    こんな時はなかなか夜も寝られません。部屋のものが色々動いたり、落ちたりで音を出しますし、
    自分自身もベッド上でも滑るからです。寝ていると揺れごとに身体が左右に滑っていきます。
    まあ、熟睡できません。
    波というものは、パワーを貯めるのか、毎回同じ揺れではなくて、普通の揺れが続くうちにパワーを貯めておいて、何回目かにとても大きく揺れます。こんな時に、部屋はシッチャカメッチャカになるんです。

    僕は母船(大きい120m位の船)だったのでまだよかったですが、キャッチャー(捕獲する70m位の船)ですと船体が40°くらい傾くというので、恐ろしい限りです。寝られる気がしない。

    とにかくこの3.4日は大荒れの毎日ですが、これを超えることで、いよいよ南氷洋です(^^)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    111

らじっく

くじら肉のお店 らじっく

あきる野市のらじっくです!高タンパク、低カロリー、高鉄分に加え疲労回復効果まで備えるくじら肉を身近に感じていただきたい!そんな想いでお弁当の販売やくじら肉の卸売を行っています。店頭では100gからくじら肉の販売もしておりますので、お気軽にお試しください♪

よく読まれる記事

Chinese (Simplified)EnglishJapanese